イッツBB学習塾のインターネット授業

イッツBB学習塾は小学生、中学生、高校生のためのインターネットによる学習塾・オンライン予備校です。

イッツBB学習塾の学習サービスは、学習塾や予備校と同じような、先取り学習、苦手な単元の克服、定期テスト・受験対策などさまざまな学習目的に応じて支援をしています。
イッツBB学習塾は、生徒が自分で学習能力をつけてもらうための、家庭学習を支援しているのです。

パソコンに慣れてなかったり、インターネットをあまり使ったことがない方でも、ネットによる授業の学習を行なえるようになっています。
また、パソコン環境を満たしていて、インターネットが接続されていれば、子供用のパソコンを買わなくても、家庭にあるパソコンでネット授業を利用することができます。

イッツBB学習塾の講師は、東京の有名な塾や予備校で教えている講師なので、とてもわかりやすいです。授業の内容は、教科書レベルを習得できるよう構成されています。また、学校の授業では教えてくれないような、塾や予備校で教わるノウハウも充分に盛り込まれています。
講義は一つ10分前後なので、子供が集中して取り組むことができます。

インターネット授業に興味があるかたは、まず無料体験をしてみてください。
そして、申し込みはメールで必要事項を書いて送ります。
申し込み内容がよくわからない場合は、電話でも問い合わせできます。
申し込み後10時間以内に、IDとパスワードが記載された登録完了通知がメールで送られてきます。
IDとパスワードが届いたらすぐに、インターネット学習が始められます。


posted by | TrackBack(0) | 学習塾

ナビオの指導法

栄光ゼミナール高等部のナビオは、グループ指導と個別指導を組み合わせて受けることができます。
たとえば得意な科目は、グループ指導で友達と競い合いながら学び、苦手な科目は、個別指導で先生にじっくり指導を受けながら学ぶなど、目的に合わせて授業スタイルを選び、効果的に学力を上げていくことができます。

グループ指導は、目的と学力別でカリキュラムを設定して、1クラス20名までの少人数制です。
先生との距離が近いので、質問もとてもしやすいです。
グループ指導ではクラスの仲間同士が競い合い、共に励まし合いながら、効果的な学習をすることができます。
授業では、それぞれ単元の基本をしっかり学んでから、演習問題で応用力を鍛えるので、生徒はよく理解することができます。

個別指導は、学習したい教科や受けたい曜日と時間を自由に設定できます。
だから、部活をやりたい人や学校行事があって忙しくても、自分のスケジュールに合わせて、勉強を効率よく進めることができるのです。

また、ナビオ独特の学習スタイルの「パワープラクティス」は、生徒それぞれが異なる課題を80分間徹底的に演習します。
授業は、トレーナー1人に生徒が6人までで行ないます。

パワープラクティスではまず、トレーナーが生徒ごとの演習メニューを決めます。
基本、応用、実践などの問題を、状況に合わせたレベル別の問題を配り当てます。
グループ指導と個別指導の内容に従って、演習プログラムも用意します。
80分間の集中演習は、生徒が集中力をなくさないように演習箇所ごとに時間配分されています。
もちろん演習を進めていて、わからないところがあればトレーナーにいつでも質問してもかまいません。
演習が終わったら採点をし、トレーナーがその日の演習の状況を確認します。
そして、復習が必要な場合はトレーナーが指示し、次の段階へ進みます。

さらにナビオでは、普段の学習面についてアドバイスしてくれるだけでなく、志望校への対策や、学習プランの見直しなども行っています。
また、将来就きたい職業のための勉強などについてもサポートしてくれます。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

能開プレスクールの小学校受験専門

能開プレスクールは、小学校受験専門の学習塾です。

年少の10月から第一期をはじめ、それから6か月ごとに第一〜四期の4つの学習期に分けた「志望校合格プログラム」に基づいて指導します。
これは、子どもたちの発達段階に最適なプログラムを実践します。

指導方法は、子どもの成長段階に応じて、演習の量を増やしたり減らしたり、また進める速さを調整しながら学習していきます。
能開プレスクール独自の発展学習の仕方で、子どもの学力を確実に向上させ、志望校合格へと導くのです。

能開プレスクールでは、週単位で行なうゼミの学習が基礎となります。
授業は週1回で、「志望校合格プログラム」によるカリキュラムのテーマを順番に学習していきます。
新テーマは毎回出されるので、授業が終わるとすぐに、授業説明会を保護者の方を対象に行います。

この説明会で、新テーマの意図やそれぞれの問題の考え方、さらに復習のやり方などを詳しく説明します。
家庭でも保護者が協力し、しっかりと定着した学習を進めていきます。
そして次週の授業では、前回の家庭学習でしっかり理解できたかの評価からはじめます。
それから、次のテーマに進み学習します。

能開プレスクールの年間の学習の流れは、年間を通じて週単位で行なう通年ゼミを基礎とし、冬期、春期、夏期の長期休暇中に行なう講習、有名小模試と志望校別模試などのテストから構成されています。
それぞれの講習では、毎週行なう通年ゼミの内容を何度も繰り返し、学力を定着させてスキルアップを図るのです。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

第一ゼミナールの「ロボット科学教育」

近年では、若い人の科学技術に対する興味が、年齢が上がるほど薄くなっています。
また、数学や理科などの学力も低下しているようです。

こうした中で、第一ゼミナールでは「ロボット科学教育」という、科学を学ぶためのコースがあります。

これは、ただ詰め込むだけの学習ではなく、ロボットを製作することで、初歩の段階から理数系のハイレベルな知識を習得できるカリキュラムです。
ものを作ることを体験し、子供たちに好奇心や探究心をもたせ、楽しみながら知識を高めることができるのです
さらに、表現力や論理的な思考力も育みます。

カリキュラムは、5段階のレベルに分かれていて、小学生から大人までを対象としています。
小学校3・4年生のレベル1と5・6年生のレベル2では、ロボット教材を使って、情報技術や科学を学習しながら、論理的な思考や伝達の方法、そしてアイデア力を育成します。

中学校1〜3年生のレベル3と高校生以上のレベル4では、自律型のサッカー競技ロボットを製作します。
また、自己設計をしてロボットの改造も行ないます。
本格的なプログラミングを学び、ロボカップジュニアリーグへの出場も目指します。

そして、大学生や大学院生、さらに技術者などを対象にした「TOP END」では、2足歩行をするロボットである「PINO」を使ったヒューマノイド型自律ロボットの製作技術を習得します。
そして、さらに高度な技術を習得し、研究者やロボットの開発者を目指します。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

小学館アカデミーの幼児英語コース

小学館アカデミーは、幼児から中学生を対象とした総合学習教室です。
「幼児英語コース」は、楽しみながら言葉を学ぶことができます。

1・2歳の子供さんは、大好きなお母さんと一緒に授業を楽しむことができるので、子供さんもお母さんも安心できます。
お友だちとコミュニケーションをとることで、集団生活も身につきます。

授業は、英語圏の乳幼児が実際に言葉を覚える時に使う歌や遊びを、そのまま取り入れやプログラムになっています。
講師は、子どもの発達段階をよく理解し、子供さんの様子を伺いながらレッスンを行います。
お家での英語を使った遊び方なども教えてくれるので、家族みんなで楽しむことができ、子供さんはもっと英語が好きになるでしょう。

授業で使う教材は、すべて小学館アカデミーのオリジナルです。
文字学習用教材は、楽しい絵本を使って、音を聞いて絵や文字と結びつける基礎を行っていきます。
また、自宅用教材として30曲以上の歌が入ったビデオもあります。
アニメなどの映像を見ながら、親子で楽しんで歌っているうちに英語の歌を覚えることができます。

授業は英語であいさつをすることから始まります。
そして、お母さんと一緒におもちゃで遊んだり絵本を読んだりして、徐々にレッスンの雰囲気に慣らしていきます。
それから、先生の支持に従って歌や手遊びをします。
次に、映像を見ながらイメージを広げて身体を動かします。
最後にアルファベットの歌をお母さんと歌い、英語であいさつをして終了です。
帰るしたくをしながら、お母さんにその日に学習したことのポイントを説明します。
また、家に帰ってからの取り組み方なども案内します。
これが、2歳児クラスの授業の流れです。

3歳児クラスからは、徐々に自立してレッスンを受けます。
お母さんと離れて、一人で挑戦するようになり、先生や友だちとのコミュニケーションをとることができるようになります。
また、仮想体験などのテーマも広がり、英語表現も増えます。
2・3語の英文を話せるようになり、自分の気持ちを伝えることができるようになります。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

英進館の速聴講座わくわく文庫

英進館では、「速聴講座 わくわく文庫」を開講しています。

「速聴講座 わくわく文庫」では、子供たちが活字離れにならないように、読書の楽しさを知ることが目的です。
より速いスピードで聴くことは、脳全体を活性化します。
そして、集中力や記憶力を向上することができるのです。

「速聴」は、速いスピードで朗読を聴き、それと同時に活字を目で追っていきます。
英進館では、子供たちはパソコンの前で読みたい本を開き、読書をします。
ヘッドホンから聞こえる朗読の音声を、最もよく聞き取りやすいスピードに合わせて、それを聴きながら読書を進めていきます。
スピードは0.5倍速から最高10倍速まで設定できます。
わくわく文庫の朗読を聴くときに、一番自分が心地よく感じる速度で聴くことが大切です。
スピードが徐々に速くなっていくと、脳が処理する速度も増してきて、能力を開発するのにつながるのです。

「速聴講座 わくわく文庫」を受けた子供にはさまざまな効果が現れています。
たとえば、それまで国語のテストの文章が、時間内に全部読みきれなかった子供が、漢字も含めて読めるようになったり、長い文章も楽に読めるようになり、記憶力も高まります。
また、集中力もつきやる気が出るので、授業中も学習に集中して取り組むことができます。

このように、「速聴講座 わくわく文庫」は、さまざまな大きな効果が出ています。
子供さんの能力開発のためや、国語力を上げるためにぜひこの講座に参加してみてください。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

湘南ゼミナール独自のQE授業

学習塾の湘南ゼミナールは、進学や受験の指導を中心として小学生と中学生の成長と自立を支援しています。
湘南ゼミナールは、従来の学習塾のような、詰め込み型の学習法ではなく、受験が終わってからでも役立つ、自分で考える力を育成する学習塾です。

湘南ゼミナールでは、「QE授業」という指導法を行なっています。
「QE授業」では、テキストを使いません。
先生がテキストとなって、問題を出していきます。
先生は、レベルに適したヒントを与え、子供たちに積極的に考えさせます。
解答が終わると、生徒に正解か不正解かを挙手で確認します。
このときに、先生は褒めたり励ましたりして、子供たちの学習意欲を高めるのです。

それから、ポイントを説明して整理します。
この流れをくり返し、レベルを徐々に上げていきます。
そのうちに、最高のレベルまでクリアできるようになるのです。

生徒は正解したら、喜び学ぶことの楽しさを知り、間違えて失敗してしまっても、そこから新しいことを学びます。
そのように失敗と成功を積み重ねることで、やる気が出て実力を徐々に伸ばしていくのです。

また、湘南ゼミナールの先生方は、情熱をもって授業を行なっています。
そして、子供たちの考える力を導きだす指導技術に優れています。
それぞれの生徒にいつも密着し、顔の表情をよく見てその反応から理解できているか、しっかり定着できているかを読み取ります。
そして、何通りにも授業を展開させていきます。
生徒は、そんな先生のことを信頼して学習に取り組むことができるのです。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

英進館の教師力強化システム

英進館の教師は、東京大学、早稲田大学、京都大学などの、一流大学の出身者をはじめ、レベルの高い教師で構成されています。

英進館では、「教師力強化システム」を実施していて、教師たちは、毎回生徒の成績を詳しく確かに分析し、教場別と科目別の成績検討会を厳しく行なっています。
そして、問題点を具体的にしっかりと理解し、すぐに弱点を補強していきます。

英進館では必ず年に2回、全教師が受験する「科目テスト」を行なっています。
テストの結果は、各科目の1位から最下位までの全てを、英進館の社内ネットワーク上で公開されます。
そのため、教師たちは1位を取ることを目標に必死に勉強するので、各科目の専門的な知識の向上と、授業力や指導力の向上につながるのです。

また、子供たちと同じように、教師にも子供たちが成績をつけます。
生徒は、教師の授業がわかりやすいか、親身になって指導してくれるかなど点数をつけます。
アンケートの結果は、「科目テスト」と同じように公開されるので、これによっても刺激され、教師の技術を高めることになるのです。

さらに、管理テストを行なうたびに、担当しているのクラスの平均点が出されます。
それにより、全部の教場、クラス、科目それぞれの成績が出ます。
全教場の分の成績が順番に発表されるので、各担当者の指導力が明らかになります。
教師は、担任しているクラスの成績推移をしっかり管理していないといけないのです。

このように、栄進館の教師は生徒の学習意欲を向上させるために、生徒と同様に必死に指導力を日々学んでいます。

もし、子供さんをどこの学習塾に入塾させるか迷っている方は、そんな情熱的な教師が揃った栄進館に問い合わせてみてください。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

公文式の学習法

公文式は、一斉授業を行わずに、それぞれの生徒の力に合わせた個人別学習です。
教室に通うのは週2回で、時間割はなく自分の好きな時間に行って学習できます。
教室が開いてない日は、家庭で宿題になっている教材をします。
出される宿題は、子供たちが集中してできる分量です。
こうした家庭学習を大切にすることで、子供たちは自分から積極的に学ぶ習慣が、自然と身についてくるのです。

くもんの先生は、生徒一人ひとりの学習の様子を見守り、学力を確かめ、子供が困っているときはヒントを与え丁寧に教えてくれます。
先生はいつも励ましてくれるので、子供たちは安心して学習を取り組むことができるのです。
教室が開いていない日でも、先生はそれぞれの生徒の学習結果や様子を確認し、次回の教材はどんなものが良いか考えます。
くもんの先生は、こうした時間をとても大切にしています。

くもんで使用する教材は、A5サイズのプリントでできていて、子供たちにちょうどいい学力の程度に作られています。
だから、集中して学習を進められ、確実に力をつけていけるのです。
そして、徐々に難しくしていくことで、無理なく解いていくことができ、どんどん学力が伸びるのです。
またこの教材は、学力を定着させられるために、自分だけの力で解けるように工夫されています。

くもんは、いつでも子供たち一人ひとりのことを頭に入れ、成長を見守っています。
さらに保護者にとっても、信頼できる相談相手となるよう日々努力している、とてもやさしい塾といえます。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

失敗しない塾選びのポイント

さまざまな種類の学習塾の中から、子供さんに最適な塾をを選ぶのは大変ですよね。
そこで、失敗しない塾選びのポイントを紹介します。

大手塾の広告やパンフレットはきれいで清潔感があります。
しかし、重要なのは見た目だけではなく、内容をしっかり確認しなくてはいけません。
その塾の教育方針はどんなものかや、その目的が明確に書かれている塾は、信頼できる対象となるでしょう。
志望校合格のため、成績向上のためなどの目標を、どのようなシステムで達成を目指すか、はっきりとわかる塾は検討してみる価値があります。

また、授業の時間割やコース、そして授業料がわかりやすい塾は、後からトラブルが起こる可能性がないので安心できます。
もし、料金体系がわかりづらかったり、なかなか教えてもらえないのなら、入会金や教材費など納得するまで確認する事が必要です。

まとめて授業料を納入させ、退塾しても返金してくれない儲け主義の塾もあるので、注意してください。
安心なのは、毎月支払う月謝制の塾です。
このような塾は、自信をもっている証拠なので、検討する価値があります。

さらに、合格実績だけでその塾に決めてはいけません。
大手塾やチェーンの塾なら、生徒が多い分合格する人数も多いのが当たり前なのです。
また、その塾の合格者だけでなく、提携している塾の合格者まで加えて載せる場合もあるようです。
ですから、合格実績で評価しないように気をつけてください。

興味のある塾が決まってきたら、無料の体験授業を受けることが重要です。
実際に通塾してから担当する講師が、体験授業でも同じ講師であるかも重要になります。
違うのなら体験授業の意味があまり意味がありません。
子供さんが体験授業で興味がもてたかどうか、しっかりと確認をしてあげて、条件を満たした塾が見つかったら決定です。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

野村塾北野田教室の英検合格講座

野村塾北野田教室では、中学生や高校生だけでなく、小学生も英検に挑戦しています。
しかも、小学生で英検を受験する生徒は、毎年増えてきています。

野村塾北野田教室では、これまで小学生には児童英検を目標にしたコースで、英語の指導してきました。
しかし、これからは最初から小学生にも英検に合格することを目指すカリキュラムに発展させましました。
ちなみに、野村塾北野田教室で受講していない生徒でも、この「英検合格講座」受講することができます。

小学生の「英検合格講座」は、英検を受けることで、英語技能と資格の向上を目的としています。
授業は学年に関係なく、ほぼ同じカリキュラムで学習を進めていきます。

ただし、学年によっては進めるペースを変えながら指導しています。
野村塾の生徒は毎年6月と10月に、野村塾北野田教室内で英検を受験しています。
まずはじめは、英検5級を目標にして指導します。
そして、5級に合格した生徒は、次は4級を目指してがんばって勉強しています。
こうして、中学校に進む頃にはとても英語が好きになり、得意な科目となっているでしょう。

「英検合格講座」は週に1回行い、40分間の授業です。
費用は、入会金やその他の費用は一切不要で、月額5250円です。
野村塾北野田教室の他のコースと併用する場合は、月額4200円となります。

これからの時代、英語は欠かせないものになるでしょう。
野村塾北野田教室は、今のうちに子供さんが英語の技能をアップさせるために最適な塾です。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

東京個別指導学園TKGの特色

東京個別指導学園TKGの特色は、生徒と相性が合う講師と一緒に学習を進めることです。
そうすることで、生徒も学習に意欲をもって取り組むことができます。

だから、入塾したらまずカウンセリング面接を行ないます。
面接では、子供の学習目的や学力、そして性格をよく確認し、教科別に子供に合った講師を数名紹介します。
入塾してから約1ヶ月間は、実際に紹介した講師の授業を受けて、子供自身が好きな講師を選ぶことができます。
それから、スケジュールを立てて、希望の講師と正式に学習を始めます。
また、学習を始めてから、もし成果がなかなか出なかった場合は講師を変えるすることもできます。

TKGでは、生徒の学習する目的に応じて科目や内容を決めていきます。
また、部活や習い事などの生活スタイルに従って、塾に通う回数や曜日、時間帯を選択できるのです。
また、スケジュールを設定できるので、他に通っている進学塾のフォローとしてTKGを利用することもできます。
さらに、事前の申し込みで授業の振り替えができるので、無駄のない学習ができます。

TKGの授業では、講師と生徒が1:1もしくは1:2で行ないます。
完全個別指導なので、講師は生徒の苦手や弱点をもちろん把握しており、体調や精神面でも気をつけるようにしています。
これは、生徒一人一人を大切にするTKGの「生徒第一主義」に基づいています。
しかもTKGの授業料は家庭教師と比べると約半分と、とても安く設定されています。

生徒をとても大事にするTKGなら、お子さんも安心して成績がグングン上がるかもしれませんね。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

東京英才学園の英才コース

東京英才学園では知能指数(IQ)を伸ばすための英才コースがあります。
このコースは2〜6歳児対象の幼児教室で、1〜4人の個別指導で行ないます。
ここでは、子供一人一人の個性を生かし、考える力を養って感性を豊かにし、知能指数(IQ)を高めるための英才教育を行っています。

授業では知能指数(IQ)を伸ばすための教材「考えるおもちゃ」を使います。
「考えるおもちゃ」は100種類以上ある幼児用の教材で、幼児教育について研究を重ねている「知能研究所」が開発したものです。
「考えるおもちゃ」は、小さい子供でも興味を持てるように工夫された教材になっています。
ときには、ゲームをしながら図形や数などに触れ、知能教育に必要なカリキュラムを行なっています。

授業は1〜4人の個別指導なので、先生の目が子供全員まで行き渡っていて、アットホームな雰囲気で授業が進められます。
子供たちはそこでできた友達と協調し、また競い合いながら、どんどん知能が伸びていきます。
子供たちは充実した時間を楽しみながら、知能を伸ばすことができるのです。

人間の脳重量は非常に早く発達するので、IQは8〜9歳ぐらいまでしか伸びないようです。
だから、小さいうちに知能を開発しておかないと、大きくなってからIQを伸ばすのは困難になってくるのです。
IQが本当に伸びるのだろうか、と思われるかもしれませんが、東京英才学院では、IQが1年間で平均20上がるという実績を残しているので信頼できますね。

子供の英才教育に興味がある方は、東京英才学園に問い合わせてみて下さい。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

大手学習塾と個人経営塾の比較

大切なお子さんを学習塾に通わせることになったら、どこの塾にしようか、どんな形態の塾にしようか、月謝はどれくらいかかるのかなどいろいろ考えることが多いと思います。
大手学習塾にしようか、個人経営の塾にするかも悩んでしまいますね。

大手学習塾のメリットとしては、情報を多く得ることができることや、多くの合格実績があること、模試を多く行なうことなどです。
また、カリキュラムがしっかりしているので、安心して授業が受けられます。

デメリットは、マニュアルに従った授業、通うのに時間がかかる場合がある、生徒同士の競争にストレスを感じてしまうなどです。
大手学習塾では、先生に質問しにくいと感じる生徒もいるようです。
また、儲け主義だと感じる人もいます。

一方、個人経営塾のメリットは、先生に質問しやすいこと、親身になって教えてくれること、通うのに便利なため部活との両立もできるなどです。
また、地元の学校の情報を持っている場合が多いので、テスト対策を行なってくれたりします。
アットホームな雰囲気で、ストレスも感じません。

デメリットは、学習の競争相手が少ないため、なかなか意欲がもてない生徒もいます。
大手学習塾で受けられるような模試がない場合もあります。
優秀で勉強に意欲的な生徒にとっては、ゆったりとし過ぎて物足りないかもしれません。

最近ではホームページのある塾が多いので、そこから情報を得たり、口コミなどを読んで、比較してみてください。
そして、興味のある塾には問合せをしてみてください。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

学習塾ワイズアカデミーの右脳開発プログラム

成田市にある学習塾のワイズアカデミーでは、学力を上げるためや、語学を習得するため、そして自主学習の習慣をつけるために、右脳開発プログラムとして「速読聴」を取り入れています。

普通に話す速さの3倍以上で音声を聴くと、脳がそれを聴き取ろうとします。
そうすると、シナプスが分泌されてα波を出すのです。
そして、脳全体が刺激をされて盛んに活動をはじめます。
これが「速読聴」をすることでもたらされる効果なのです。

文章を読むのが遅くて、国語の文章題が全部読みきれず、解けない子供の原因は、脳の回転速度が遅いことです。
特に、読書をほとんどしないでテレビゲームばかりをしている脳は、映像のイメージの受け身になるだけです。
そして、自主的にイメージを創り上げることができないのです。
しかし「速読聴」を行い鍛えることで、処理する能力と右脳を使ってイメージを創造する力がついてきます。

ワイズアカデミーの授業では、小・中学生にまず30分間の「速読聴」を行い、「脳力開発」で集中力を向上させることから始めます。
右脳を刺激し集中力を高めた状態になったら、小学生は算数中心、中学生は数学と英語中心の学習に取り組みます。
中学生は、定期テストの2週間前からは、5教科を時間無制限で指導します。
休憩時間にも楽しみながら右脳訓練をします。
その内容は、日本地図のパズルをしたり、フラッシュ暗算などです。

ワイズアカデミーでは、生徒一人一人が学習を自分のペースで進めて行くことができます。
わからないところがあったりしたときは、先生がマンツーマンで教えてくれます。
学校のテストで英語や数学が、平均点より30点以上も上がったという声もあります。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

東進ハイスクールの高速学習

大学受験のための予備校東進ハイスクールは、ITを駆使した教育システムで高速に学習することができます。
従来の予備校は週に一回の授業でしたが、東進では毎日受講することができます。

なぜなら東進では、映像授業により、自分のレベルとスケジュールに合わせて、いつでも受講することができるからです。
この高速学習により、1年分の勉強を1カ月で受講することだってできるのです。
先取りの学習で、早い時期に受験範囲の学習を通して、受験勉強にいち早く取り組むことができます。
こうして東進では、学習の成果を短期間で出すことができるのです。

全ての授業を映像化し、個別のライブラリーで受講できるので、聞き逃してしまっても巻き戻って再生したり、一時停止でしっかりメモができ、確実に理解することができます。
また映像化することで、いつでもどこの校舎でも、一流講師による授業を受けることができます。
授業はとてもわかりやすく、内容を基礎から理解できるので、学習効率が圧倒的に上がります。

東進の講座は「スモールステップカリキュラム」といい、12レベルに分けられています。
だから、生徒に合ったレベルの講座から始めて、志望大学のレベルまで無理なく学習できるようになっています。

各講座が終わると、講座修了判定テストを行い、講座の内容がしっかり理解できたか確認して次のレベルに進みます。
もし、テストに合格できなかった場合は、しっかり復習して自分の弱点を克服し、再びテストに受験することができます。

こうして、段階を踏んで目標の大学に一歩一歩近づくことができるのです。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

ペガサスの指導法

学習塾ペガサスは、生徒が自分で学習しないと先には進めないように指導します。
そのため、生徒は自立して学習する姿勢を身につけることができるのです。
そして生徒は、何度もわかるまで徹底的に学習します。
何度も書くことで理解し記憶する学習が身につくのです。
ペガサスは、子どもが自立して学習することを、もっとも大切だと考えています。

ペガサスは個別指導なので、自分のペースで学習できます。
また、先生と直接話せるので、子供たちも質問がしやすいと思います。
授業は、ペガサスオリジナルの学習ソフトを使って行ないます。
このソフトは、子供たちが意味をよく理解できるように、動画や音声が収録されていて、わかりやすく、しかも楽しく学習できるように工夫されています。
これにより、子供たちが自分の力で学習する姿勢を身につけるのです。

ソフトを使って理解できないところは、先生がしっかり指導してくれます。
子供たちは先生と、学習ソフトの併用により、問題をよく理解しながら解いていきます。
わからなかったり、間違えてしまっても、何度も繰り返し必ず苦手を克服していくのです。

ペガサスの授業はパソコンばかり使うわけではありません。
書くことがとても大切だと考えているので、生徒は自分で考えながら、丁寧に何度も何度も書くように指導します。そして、子供たちは頭で考え、体を使って徹底的に覚えていくことができるのです。

また、授業では先生は必要以上には教えません。
教え込んでしまうと、生徒はそれを受けるだけになり、自分では学習しようとしなくなってしまうからです。
自分の弱点を見つけ出し、自分で解決しようとする姿勢が大切なのです。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

中学受験専門のβ(ベータ)国語教室

β(ベータ)国語教室では、中学受験における国語の成績を飛躍的にアップさせる発想法を伝授しています。

国語は心で感じる科目だから、国語力を向上させる方法は明確ではなく、伝達するのは難しいのでは?と考えられているかもしれません。
しかし、文章の内容を理解して、国語の問題を解くにしても、文法や言葉の意味によって考え方や解き方があるはずなのです。

そこでβ(ベータ)国語教室では始めに、国語の成績を向上させるための発想法を教え、さらに子供たちそれぞれの個性や感覚を生かした問題に取り組むように指導します。

β(ベータ)国語教室の勉強の目的は、子供たちが自らの判断によって、社会に出ることができるようになること、つまり自立することです。
そこで、β(ベータ)国語教室では、国語の問題を解くために必要な、考え方や発想の仕方を身につけることを中心として学習しています。

β(ベータ)国語教室では、講師が中学入試問題を解いており、最近の出題傾向も知り尽くしているので確実に力がつきます。
国語以外の科目は、優秀な教師が個人指導で教えてくれます。

授業は、「解き方のノート」を作って行ないます。
問題を解く前にこのノートを何度も確認することで、正しい考え方ができるようになるのです。
難しそうな問題でも、正しい考え方をすることで、ほとんどの子供が解けてしまうものが実は多いのです。
間違いを補うための方法も「解き方のノート」に残していきます。
このノートに「残す」ということが、受験勉強で結果を出すために重要なのです。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

個別指導と集団授業の長所・短所

学習塾を選ぶのに、まず考えるべきことは個別指導にするか集団一斉授業にするかです。

一般的には、個別指導の受講料の方が高くなる場合が多いです。
なぜなら、生徒の人数に合わせて講師を集める必要があり、人件費が受講料に影響してくるからです。

個別指導だと講師と生徒が一対一で行うので、生徒は授業中にさぼるようなことはできません。
また、講師がすぐそばにいるので、生徒は質問がしやすい環境にあります。
さらに講師は生徒の学力などをしっかり把握しているので、生徒の実力に合わせた指導ができます。

しかし、学力が高くて優秀な生徒にとっては、個別指導は合わないかもしれません。
なぜなら、他の生徒と張り合うことがなく、自分のもっている実力を他の生徒に自慢できないからです。
このような生徒は、集団の中で切磋琢磨しながら授業をする方が向いており、より意欲をもって学習を進めると思います。

また、その集団がレベルの高い集団ならば、そこでできた友人もレベルが高いということです。
だから、その友人と競い合い共に過ごすことで、成績も自然と伸びるようになるでしょう。
また、そのような友人と仲良くなることで、将来的にもプラスになるでしょう。

このように、個別指導と集団授業の長所・短所はそれぞれありますから、その子の学力や性格などをよく考え、子供にとって最適な塾を選択してあげてください。

子供に合わない塾に無理やり通わせるのはまったく意味がありません。
子供とよく相談し、納得のいく塾を選ぶことが大切です。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

日能研の安全対策

近頃は、日本でも子供を狙った凶悪な犯罪事件をよく耳にするようになりました。
時代とともに子供たちの周りの生活環境は、大きく変化してしまいました。
そのため、大切な子供たちを預かっている立場である学習塾の多くが、安全対策を万全に取り組んでいます。
そのなかで、日能研では子供たちが安心して学習できるように、安全確保策や、非常時への備えに力を入れています。

通塾や帰宅時の安全のためには、「光るNバッグ」を使用するようにしています。
このバッグは、反射材を採用していてライトで照らされると光るようになっています。
これにより、外が暗くなってから通室する子供たちを安全に守っています。
また、バッグの肩ひも部分には「Nブザー」という防犯ブザーを装着するようにしています。

そして日能研では、子供たちの安全を確保し保護者の安心のために、〈Nセキュリティ〉を発足しました。
〈Nセキュリティ〉は、スタッフ全員が警視庁や県警のOBなどのプロ集団によるセキュリティ組織です。
〈Nセキュリティ〉は、通室や帰宅時間帯に日能研と最寄駅周辺で、生徒を安全に確保し安全に指導します。

また、教室がある地域の警察署や交番、町内会などと連携し、情報交換や地域ぐるみの安全対策へ参加しています。

さらに日能研は、災害や犯罪の予防や、緊急事態などさまざまな場面にも対応できるように、安全な環境作りへの準備を進めています。
日能研は生徒が安心して通えるように、さらに充実した対応の立案やそれを実行できるように進めています。
posted by | TrackBack(0) | 学習塾

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。