今話題の幼児英語教育

幼児の英語教育が多くの雑誌で話題になっていますがどうしてでしょう。

まず1つは現在の子供達が大人になる頃には、グローバル社会になっていると言われています。
その傾向として、多くの日本に移住している外国人は英語を話す人が多いです。
最近は旅行先を決める時も国内よりも海外を選ぶ日本人が増えています。
せっかくの海外旅行を楽しく過ごす為に、英会話の本などを購入したり事前に学習する人も増えています。

日本の教育社会でも英語が重要視されていて、小学校の低学年から英語を学ばせるそうですよ。
それでは小学校で学ばせば良いという意見の親もいます。
確かに学校に従って小学校から英語を学ばせるのもいいかもしれませんね。

しかし何故、幼児英語を注目している人が多いかと言うと4歳以下のお子様に学ばせる方が理解しやすいと考えられているからです。
その理由には、赤ちゃんは脳や舌などの口の筋肉が未発達のため、語学などの学習に関して柔軟性に優れているそうです。
このように色々な事を柔軟に覚えられる吸収性が高い幼児期を利用して、英語などの言葉を頭の中にインプットさせていくのです。
そしてこの柔軟性は4歳までが覚えやすい時期だと言われています。

また、遊びの延長で覚えてくれるのも目を向けられている一つかもしれませんね。
現在は、英語にストーリー性を重視したり、楽しい音楽、テンポ、デザインなど子供達を引きつけるような幼児英語教材も多くあります。
また教室などでもダンスを取り入れたりと楽しく学べる教室も多いです。子供が少しづつですが英語を覚えていく成長を見るのも結構楽しいですよ。


posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

マザーグースの幼児教育英語

マザーグースは、ほとんどの幼児英語に欠かせない物だと言われています。
皆さんはマザーグースをご存知でしょうか。
きっと育児など子供に触れ合っている人は耳にしている人も多いことでしょう。

マザーグースは、英語を言語としている人々の中で伝わるわらべ歌や童謡の事を言います。
例えばアルファベットの歌や、ロンドン橋、メリーさんの羊など日本でも音楽の授業などで使われている歌も沢山あります。
マザーグースは幼児英語を学ばせる時には、欠かせない教材の1つとも言えるでしょう。

私のように幼児の英語教材を探した際に、マザーグースに出会った人も多いと思います。
マザーグースは幼児英語教材で使用されているだけでなく、先程も書いたように音楽の教科書にも取り入られています。
他にもマザーグースを収録したCDやマザーグースの歌の詩をテーマに作られたお話セットやピアノの楽譜などあります。

皆さんが今までに習った日本の童謡をふと思い出す事はありませんか。
マザーグースもアメリカなどで古くから童謡として使われている曲ばかりなので、お子様が大きくなっても覚えている事が多いです。
殆どの教材が子供を覚え易いようにアニメを付けてDVDや絵本などで絵を付けて紹介しているのも嬉しいですね。

一度マザーグースのDVDなどを子供と楽しんでみてはいかがでしょうか。
童謡集を始めマザーグースのCDは幾つかありますので、きちんと見て購入してくださいね。
ちなみにお勧めだと80曲程入っているCDは飽きずに聞くことが出来ますよ。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

格安で幼児英語を学ぼう

お金がかかると言われる有名な幼児英語。
色々な物を利用して格安で幼児英語を学ばせましょう。
1歳代の子供に使う幼児英語の教材は、主にDVDやCD・絵本を使いというのはいかがでしょうか。

まずはDVDです。
今は幼児英語のDVDは多くあり、とても選び易いと思います。
幼児英語のDVDにもたくさんありますが、ファラッシュDVDやリトミックを使ったDVDなどがあります。

最近は有名なレンタルショップを見ると、幼児英語のDVDを取り扱っている店舗もあるので、まずはレンタルして見るのもいいですね。
リトミックDVDは見ましたが、マザーグースの童謡を使っているDVDなどもあって内容は結構充実している物があります。

他にも英語の発音が良いと思う物なども選ぶ方法の1つだと思います。
また高価な教材のDVDを欲しいと思っている親には、中古の幼児教材販売をしているショップなどで購入すれば、かなり格安で購入する事が可能ですよ。

CDもDVD同様レンタルで色々探して見るのがいいと思います。
お勧めだとマザーグースなどのCDは、DVDにも使われている場合もあるの探してみるといいですね。
子供には聞いたことのある曲だと感じて覚えてくれるかもしれません。

絵本は「DOG」や「CAT」のように判りやすい単語が書かれていた絵本や、英語を苦手としているママでも読めるような簡単な英単語で良いと思いますよ。
「グッドモーニング」などの挨拶がある絵本もいいですね。
絵本などは図書館などでも借りる事が出来るので、無料で済むかもしれませんね。

また英語教室も月2・3回だと3000円〜4000円前後で受けられたり、時間制の託児所などでも英語を教えている所もあるそうですよ。
もし子供を預ける時は利用してみるといいですね。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

高額な幼児英語教材を選ぶ為に

子供に英語を学ばせたいお母さんは少なくはないと思います。
多くのお母さんが英語を違和感なく楽しく習得してもらう為だと思います。
子供に英語を学ばす事は、子供を成長させるだけではなくお母さんやお父さんの為に良い影響になると思います。

しかし幼児英語の教材を見ると、人気のある教材を見ると料金が高額だと思っているママ達がたくさんいました。
確かに幼児英語教材は、長く学べたり、教材が充実したりすると高額な料金がかかる事が多いです。
せっかく高価な物を購入するのだから教材を選ぶ時には焦らずに情報収集するといいですね。

私が子供の為に教材を選ぶ時にも、子供が楽しんで学べるのはもちろんですが他にも料金を格安な所も探しました。
その為に色々な教材を無料請求してまず教材や説明書を読み、mixiなどの同じ年代の子を持ったお母さん達がいるサイトやブログを目にしました。

このように多くの会員を持つサイトや育児中のママ向けのサイトなどは、英語教材を学ばせているお母さんが多いので参考になります。
私は、教材のメリットやママはどのように教えているのか、購入したママ達の感想など体験したママしか判らない情報などを聞きました。

結果私が選んだ教材は20万前後ですが、小学校就学前まで使えて、合わない場合は途中で退会出来る教材を選びました。
20万前後でも高価ですが、子供に合わない場合途中退会出来るのと豊富な教材とデザインにひかれました。

学ばせたいけど金額は多く出せないと言う人には、幼児英語のDVDやCD・英語の絵本を購入して一緒に読んだり見たりするだけでも楽しめると思います。
購入しなくても、レンタルしたり図書館などで借りる事も可能なので格安で楽しめます。

また中古で幼児英語教材を販売しているサイトもあるので検索してみるといいですね。
それだけでも子供は楽しむ事が出来るので格安の教材を上手く使って英語を学んでくださいね。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

幼児に習わせたい英語

子供に習わせたい習い事に英語があります。
私も子供が産まれたら英語を学ばせたいと思っていた親の1人です。
決して教育ママと言う訳ではないのですが、今までで大変だったけど楽しかった教科が英語でした。

確かに中学生では、勉強の教科などを学んでいるせいもあって、突然英語を覚えろと言われても自然に頭に入らないと言う人も少なくありません。
英語を勉強の1つと考えている私たちには、テストなどがあるので勉強をやらなければならないと思い込んでしまう事もあります。

現在ではグローバル社会が意識されており英語は、世界を渡っていけると言ってもいいほど他の国でも使われています。
また、日本には多くの外国人が滞在しており、日本人が外国へ旅行や留学をする機会も増えてきたので外国人と触れ合う機会も多くなっています。

以前外国へ行った際に英語を使いましたが、相手が理解してくれたりすると嬉かった思い出があります。
今から日本は、ますます外国人との交流も増えると言われ、その為に英語は重要視されていますね。

私達の時代では中学生の頃から英語を習い始めたと思います。
現在は小学校低学年から英語を習うと言われていて、英語の授業を行っている保育園や幼稚園も増えてきて大変人気があります。

でも何故幼稚園や保育園から英語を学ばす学校や教材をするのか疑問に思う人も少なくないでしょう。
それは赤ちゃんが持つ能力に関係しています。
赤ちゃんには、英語や日本語など世界中の言葉を聞き分け吸収出来る能力を持つと言われています。
その吸収する能力には、4歳までが言葉を覚える為の期間と考えられている為、保育園から学ばすお母さんも増えて来たと考えられます。

皆さんも是非学ばせてみてはいかがでしょうか。
学ばせる場合には多くの英語教材がありますので、子供に合ったのを学ばせてあげてくださいね。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

幼児英語教材を取り扱っている中古ショップ

幼児英語教材を見ると高い教材も沢山あります。
欲しい教材が高いと購入を迷ってしまう事もあります。
その教材を少しでも安く購入出来れば嬉しいですよね。
ここでは中古ですが格安で人気の幼児英語を販売しているサイトを紹介します。

まず「ママのガレッジセール」
ここでは英語教材の他にも、幼児教育の教材なども購入出来る事が可能です。
人気のあるディズニー英語システムのDWEを始め、七田式英語教材やセサミ英語など多くの英語教材があります。
値段は、例えばディズニー英語を探すと格安な物で、300円。
高価な物で360000円です。
高いと思いますがディズニー英語で購入するよりは、とても格安で全部のセットがついています。
また、セサミ英語は格安で600円。
高価な物で57000円です。
セサミ英語はNHK系列なので、「英語で遊ぼう」や「えいごリアン」なども購入できます。
私的にはえいごリアンは息子が好きなので購入したいお勧めの一品ですね。

またもう1つお勧めの中古ショップのサイトが「SwingKids」
「ママのガレッジセール」と同じような物が置いてありますが、主にディズニーの英語システムの教材を多く置いてある気がします。
またサイトが見やすいのもお勧めの1つですし、100%返品システムがあるのが自信を持って販売していると言う感じがして、素晴らしいですね。
値段は安い物が9000円。
高価なものが396000円となっています。
未使用品などが良いと言う方は1度覗いてみるといいですね。
ここでは、詳しい事まで書いていませんので気になったり購入する場合には、送料など詳しく読んで良い買い物をして下さいね。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

幼児英語のDVD

幼児英語は学ばせたいけど教材にお金をかけたくないと思っているママ達もいるのではないでしょうか。
私自身が子供に学ばせて良いと思いますが、お勧めの商品をいくつか紹介します。

「アイらぶキスゴン」DVD1〜3巻。
愛ちゃんとキスゴンが英語で話せる薬を飲んでしまった事から物語は始まります。
ドキドキをする物語の合間にはアルファベットの発音やダンスなどもあって子供を飽きさせません。
DVDのみじゃなくビデオを用意してあるのも嬉しいですね。

同じくスターシップさんの「ベビチッチ英語」もリトミックを活用した英語が多くあってお勧めですよ。
初めて英語に触れる場合や1歳児のお子様には「ベビチッチ英語」がお勧めです。

「BabyIQ」は0歳から3歳児に作られたDVDで英語を正しく発音しているといわれています。
またクラッシックを使った英語で赤ちゃんの頭にスムーズに入っていくようになっています。
英語教室の先生などにも人気のDVDですよ。

そして楽天などでも人気があるのが「MY First ECC」です。
ECCと言えば3歳以上の教室が多いので、「MY First ECC」は0歳から2歳を対象とした教材を用意しています。
DVDだけでなくCDや解説書なども付いていて、親に対するサポートもウェブで答えてくれるそうですよ。

紹介した教材は、私が使用した中で良かったと思った教材ですが、「英語教材」と検索してみると本当に多くの教材があります。
子供が大好きなアンパンマンなどの英語教材もあるそうですよ。
posted by | 幼児英語

幼児英語の発音

幼児英語を行う場合に子供達が楽しんで英語を行う事ももちろん重要です。

幼児英語を取り扱っている教材・教室にはリトミックなどを取り入れている所もあります。
そして、英語を覚えて貰うからには発音も重要ですね。
私も英語をたくさん勉強しましたが、外国人の発音を聞くと全く異なった英語に聞こえてしまいます。
例えば日本人の英語の発音は、外国の発音と異なるのでアメリカ人などに話しかけても通じない場合があります。
しかし、留学をした友達などの発音を聞くとやはり現地で英語を聞いているだけあってとても素晴らしいです。


その為発音を学ぶには現地の英語を感じるのが一番だと思います。
でも海外旅行などに行くわけにもいきませんよね。
最近では、保育園や幼稚園などで外国の先生を行なってくれるそうです。
授業を受けている子供達のママに感想を聞いてみると子供の発音が全然違うと聞きました。
もちろんそれだけでなく英語の授業も楽しいそうですよ。

また幼児英語の教材にも現地の生の英語をそのまま届けている教材が沢山あります。
私の子供が学んでいる英語教材を見ると、全く日本語がありません。
最近は日本語がない英語教材が増えているそうですよ。
全て英語ですし、出てくる人も殆どが外国人です。
親子の遊び方として日本人の親子が出てくるぐらいです。
英語だけだと子供は興味をなくさないかと考えましたが、子供を惹きつける映像で日本のTVより楽しく見ています。

発音もTVの真似を親子で真似するだけなので、親としても嬉しいですね。
また親にも発音を子供に負けず、上手く出来るようにサポートしてくれたりするので嬉しいことです。
子供達が英語だけでなく外国の発音を聞いたり話したり出来るといいですね。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

幼児英語で学ぶフォニックスとは

幼児英語の中でもフォニックスを取り入れた英語教材などがとても人気ですね。
フォニックスは、アメリカなどでも英語を初めて学ぶ時の指導法だそうです。
でも初めて聞くとフォニックスって何だろうと考えてしまいますよね。

簡単に説明すると元々英語を使う子供達が絵本を読む為に作られた指導法です。
例えば日本では、「あいうえお」と五十音があります。
単語にしても日本では、発音はかわりませんね。
英語を使うところだと「ABC」をアルファベット表では、「エービーシー」と読みますが単語になると違ってきます。

「APPLE」は「アップル」のようにアルファベットを覚えただけでは単語や文章が読めないのです。
上の単語で見ると「A」は「エー」ではなく「ア」と呼びます。
もちろんアルファベットと同じ発音を使う単語もあります。
しかし英語を使う国の子供達はまずはフォニックスから習うそうですよ。

そして日本では、カタカナなどの振り仮名に頼らないで英語を読めるようになる為に注目されているようです。
このフォニックスで習った発音を覚えていれば簡単に単語が読めたり書けたりするそうです。

教材ではどのように教えているか気になりますよね。
教材のDVDでは、歌などの間に1つのアルファベットを細かく紹介してくれます。
アルファベット文字の読み方をまずは教えてくれます。
その後英語で「だけど発音は?」などと言い正しい発音を教え、そこから色々な単語や文章を作り出し繰り返し教えてくれます。
それに可愛い絵やデザインが加わり、繰り返し流しても子供を飽きさせず発音を自然に覚えてくれるのです。
加えて発音を真似をするようになると嬉しいですよね。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

親子で学ぶ幼児英語

幼児英語教育は、最近多くの幼稚園・保育園で取り入られる事が増えてきました。
ほかにも幼児英語の教室や教材などもCMや育児雑誌に多く掲載されています。

幼児英語教育を行う場合には、親も子供と一緒になって英語に触れ合う事が大切です。
例えば教材を利用する場合には、子供とCDを聞きながら一緒歌っているうちに、子供が覚えてしまったと言う事もあるでしょう。
英語も同様にママやパパが楽しむ様子を見て一緒に楽しみながら学べると思います。

また「グッドモーニング」や「サンキュー」など簡単な会話を英語で行なってみたりするのも意味を理解しながら学べるのでよい方法の一つですね。
他にもおもちゃを使って遊んだり、英語の曲やDVDを見て身体を動かしながら踊ったりと子供が触れ合いながら楽しめる英語教育が探してみると沢山あります。

最初は、どのように子供に学ばせればいいのか困りますよね。
幼児英語の教材の中には、親と子が触れ合える遊びのサポートをしている教材もあります。
他にもネットを見たりと色々な方法で勉強ができますし、教室に通う予定の方は、先生に家での学習法などを伺ってみてはいかがでしょうか。
教材を注文する場合にはサポートの本やサポートに疑問を持った時に質問に答えてくれるサイトを用意している教材がお勧めですよ。

接していても覚えてくれないと焦るママも少なくないと思います。
私もそうでしたし、同じように考えている親も沢山いました。
子供には、それぞれの個人差がありますのでゆっくり楽しく行なって下さいね。
また出来た時には、「凄いね」などと声かけをしてあげると喜びますよ。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

ベネッセのおやこえいご

ベネッセの「おやこえいご」は、CMでみかけたり、3歳以上の幼児英語の教材を探している人は知っているかもしれませんね。

おやこえいごは、2ヶ月に1度定期的に購買されている教材です。
子供の興味や関心をひくようなテーマや遊びで飽きさせず学ばせる事が出来るそうです。

教材にはホップ・ステップ・ジャンプと年齢ごとに3種類に分かれていて、その年代のお子様に合った英語を学ぶ事が出来るそうですよ。
また人気のあるキャラクター「しまじろう」と学べるのも子供が楽しく覚える1つかもしれませんね。

「ホップ」は、3歳から4歳までの幼児を対象とした教材です。
この教材の特徴を見ると、英語独特と言える音やリズムにたっぷり触れたり、まねっこ遊びをしながら英語に親しめます。

「ステップ」は、4歳から5歳までの子供を対象としている教材です。
ステップでは、ステップでは、4歳児特有の積極性やもっと知りたい言う気持ちを尊重して教材を作っているそうです。
クイズや問いかけなどを豊富に使って好奇心を刺激して、英語へ興味を向かせていくそうです。
そうする事で、ゲームを楽しみながら英語を口にしてくれたり、ゲームのルールなども理解出来るようになりますね。

5歳から6歳までを対象とする「ジャンプ」はアルファベットに興味を持ったり、英語力自身をつけたりしてくれるそうですよ。
細かい事はまだ製作中で秘密だそうですよ。どのような教材になるのか楽しみですね。

おやこえいごは、子供1人で学ぶのではなく両親のサポートも必要なので親も一緒に学び楽しんで下さいね。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

幼児英語の教材と教室

幼児英語を学ばせるつもりだけど、教材を利用するのか、教室がいいのか悩んでしまうと思います。
幼児英語を教材と教室の違いを幾つか探してみましょう。

まず家で教材を使って学ぶか教室に通うかになってきます。
教材は、家で学ぶ事も出来、自分や子供のペースで教材を進めていく事が出来ます。
また家で教材を使って学ばす場合には、多く出ている幼児英語の教材から子供に合った教材を選ぶ事が出来ます。
長く使える事も教材の良さですね。

幼児英語を学ぶ時は、お母さんも一緒に遊びながら親子で英語を学ぶ教材が主流です。
私が持っている教材だと1日60分程一緒に接してあげなければなりません。
その為、お仕事をしているお母さんは、もう少し短い時間が設定してある教材を探すのもお勧めですよ。

また教室だと月2・3回程度なので、お仕事をしているお母さんには最適かもしれませんね。
教室は、月2・3回ですが、それぞれの年代ごとにクラスが用意されています。
同年代の子供達と一緒に学べるので、子供に友達を探すことが出来るかもしれませんね。
お母さんにも同じ経験を持つ親達と話せるので、そこから仲良く出来る親が出来るかもしれませんよ。
しかし教室を近くにに探せなかったり、人数制なので入会出来ない場合があります。

どちらが良いのかは親や子供達によって違うと思いますが、どちらも幼児英語を習う場合にはお勧めです。
教材や教室どちらも試してみるのもいいかもしれませんね。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

幼児英語でコミュニケーション能力がアップする?

現在日本人は、コミュニケーション能力が不足している親や子供達が多いと言われています。

確かに、現在日本の都会の生活を聞くと、隣人が何をしている人か知らない、自分の意見を言えない人も多い気がします。
その為「情報を整理して、自分の気持ちを伝えたり出来る」コミュニケーション能力が不足していると考えられています。

そしてそれが子供達にも影響しているようで、子供達の読解力が2000年からのたった3年の間で8位から14位になってしまったそうです。
わたし達の子供達が大人になる時代には、グローバル社会になっていると言われているのに、今のままではどのように外国の人と接すればいいのか判らなくなってしまうかもしれませんね。

そのコミュニケーション能力に必要なのが「コミュニケーションスキル」と言われています。
それをサポートする大切な能力を「グローバルマインド」と「新しい知性」と言います。
グローバルマインドとは自然に他人と関わったり、他人に意見を受け止めていけるような広い心を持つ事です。
そして、新しい知性は、相手の気持ちを感じたり、自分の意見を上手に表現出来るようになる事です。

コミュニケーションスキルは、自信を持って英語を話せたりする事です。
コミュニケーションスキルは、前に紹介した2つの能力があってこそ活用する事が出来るのです。
例えば、誰かと会話をする時に、自分の気持ちを伝えられなければ英語をしゃべれても意味がありませんね。

幼児英語の教材の中には人との関わりなどに役立つスキルを、教材に上手に取り入れて活かす工夫がされているのです。
子供のコミュニケーション能力を伸ばす為にも、教材だけじゃなくパパやママと接することもとても大切だと思います。
教材を上手く使って子供と親子のコミュニケーションを取って下さいね。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

学研の英語教材「First English」

たくさんの幼児英語教材の中でも高価ですが何年も使えてお得だと評判なのが学研の「First English」です。
学習するごとに発見したり、疑問が判ったり出来ると言われていて、子供の教育にはピッタリと言われている商品です。

ではどのような教材があるのでしょうか。
デジタルトーキングカードは、高音質を重視していてとても聞き取り易いです。
またリスニングカードには一般的に利用されている英単語や会話だけでなく、歌や物語まで747枚のカードに中に入っています。
他にもクイズに答えたりお子様の発音などを録音を出来る機能もついているので嬉しいですね。
文章などを聞き取れない場合には、スロー再生機能も付いていて大人も子供も学べる教材になっています。

他にも子供達の日常生活の中に単語やお話を混ぜて紹介するビデオや物語を収録したDVDと絵本もあります。
ママたちが子供の質問に答えられるように、サポートブックもついているそうですよ。

この「First English」で私の1番のお勧めを言うと英語辞典です。
辞典では日常会話などで使われる英語などを5つの分野に分けて見られるようになっています。
辞典が付く事によって実践的な英語が身につくとも言われていますし、覚えやすいように歌に収録してあるのもいいですね。

「First English」は、無料でお試しが出来るので気になった方は1度お試しから初めてみてはいかがでしょうか。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

「セサミ」のえいごワールド

幼児英語は皆さんも知っていると思いますが「セサミ」のキャラクター達と一緒に英語を楽しめる教材です。

セサミのキャラクターは、アメリカで放送されていた人気キャラクターです。
日本でも放送されていましたが、英語を主に使って放送されてとても人気になりましたね。
人気のセサミが英語教材となって学べる事が可能なのです。

セサミは0歳児から私達大人まで楽しく使える教材になっています。
また、多くの視聴者からの実績があるので、安心して学べる事ができます。
日本でも英語を学ぶ為に重要なフォニックスも使われているので嬉しいですね。
そして長く使える事もこの教材の特権です。

セサミのキャラクター達がDVDに出演していて、見慣れたキャラクターで映像を楽しむ事が出来ます。
DVDには主人公ディンゴが1年間アメリカ留学をして、日常生活に必要な英語を修得していくストーリーです。
そのストーリーを通してそのストーリーを通してお子様も日常生活が出来ます。

他にも英語を遊びながら楽しめるトーキングリピーターDX、楽しみながら英語を考える事ができるプレイキッズシステム。
BGMを聞きながら英単語を学ぶ事が出来るピクチャーディクショナリーなど、学べる工夫が豊富にあります。
とても人気があるようで教材を購入して良かったという親が多かったです。
無料体験をすることも出来るので、子供に合うかお試ししてみるのもいいですね。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

人気の幼児英語教室「MLS」

「MLS」とは「モデルランゲージスタジオ」と言い、英語を学びたい人達を子供から大人までサポートする英会話教室です。

関西地方に多くあり、とても多くの受講生を持っているのが判るようにとても信頼が厚い教室です。
それでは、幼児英語を学べるコースを幾つか紹介しましょう。

まずは「ベイビーコース」です。
ベイビーコースは、主に0歳から1歳5ヶ月までのお子様とママの為のコースです。
毎日の生活で使える簡単な英語やリズム、絵本や紙芝居の読み聞かせなど子供と楽しむ事の出来る内容がたっぷりです。
レッスンは週1回で、授業は30分です。受講料は9回の受講で19500円となっているそうです。

ベイビーコースを卒業すると1歳半〜3歳までの「親子コース」に進めます。
親子コースでは、英語特有の歌や雰囲気に慣れたり、英語を好きになってもらう為に楽しい体験をするそうですよ。
また3歳からのママ離れのクラスへステップアップを目指します。レッスンは週1回で50分授業です。
親子コースは1クラス7組限定となっているそうです。

そして親子コースを卒業すると「ジョイランドクラス」と「幼児クラス」を選ぶ事ができるそうです。
「幼児クラス」は、2歳から6歳までが対象のコースになっています。
日常の表現に答える事が出来、講師の質問を英語で答えられる事を目標としています。他にも自立心や協調性なども育ててくれます。
レッスンは週1回で、70分授業。
1クラス12名限定になっているそうですよ。

もう1つの「ジョイランドクラス」は、2歳〜4歳を対象としているクラスです。
外国のプリスクールを感じさせる本格的な英語を学べるクラスです。
日常生活を様々な面を設定して英語を体験したり、生徒同士も英語で会話をするそうですよ。
レッスンは週2回で120分授業だそうです。1クラス12名程だそうです。

無料体験や資料請求なども出来ますので1度体験して様子をみるのもいいかもしれませんね。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

幼児英語教室「ミネルヴァ」

多くのお勧めの幼児英語教室がありますが、その中の1つに「ミネルヴァ」があります。

ミネルヴァは、北海道から鹿児島まで広範囲に教室があり、0歳児から中学生まで長く学べる英語教室です。
そして幼児英語を学べるクラスは、0歳から2歳までの「マミーKIDSクラス」と3歳から5歳までの「幼児クラス」があります。
通って良かったと言う意見の親が大勢いました。
それでは、どのような内容なのか見てみましょう。

「マミーKIDSクラス」は、6名以内の少人数クラスで行うので集中して授業する事が出来ます。
英語の音に触れ、歌を歌ったりダンスをしたりしながら英語に親しみます。
大好きなお母さんやお父さんと、楽しく英語を学べるコースになっています。週1回などで無理なく学べますよ。

「幼児クラス」では、マミークラスと同様で1クラス6名以下になっています。
活発になった幼児の遊びを利用した「運動感覚的学習」でイントネーションやリズム感を身につけます。
またこのクラスからは、ママとは離れお友達と一緒に学ぶようになります。
同じ年代のお子さんとダンスや遊びなどを通して触れ合います。
お友達が沢山出来て、週1回の教室の日が来るのを楽しみにしている子供の様子を見られるかもしれませんね。
50分授業となっています。

最初に資料請求や無料体験を利用する事も出来ますので、1度お子様と一緒に体験して下さいね。
学校に通っているうちに学校で習った英語を喋りだしたり嬉しい成長も見れると思います。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

幼児も学べる英語教室「EC English Club」

幼児英語教室には、日本全国に多くの教室があります。

多くの幼児教室は1クラス6名から12名程のクラス編成になっています。
このようなクラス編成が一般的ですが、もう少し詳しく学ばせてみたいと考えている親達にお勧めの教室があります。
その教室とは、「EC English Club」です。
2歳児から大人までそれぞれに合った教室があり、英語を学ぶ事が出来ます。

そして2歳児〜小学生まで学ぶ事が出来るのが「クラブキッズ」です。
クラブキッズでは、子供に合った学び方を探せるのがとても魅力的です。それでは、レッスンをいくつか紹介してみましょう。
他の英語教室が行っているのと同様に6名〜8名のクラスのグループレッスン。
クラスは、日常会話を学ぶクラスの他にも、ゲームや音楽を英語で慣れ親しむクラスもあるそうですよ。
親同士も相談し合ったり仲良くなるかもしれませんね。

「セミプライベートレッスン」は、2名〜3名で学ぶレッスンです。
振り替えレッスンなども取れるそうなので、仕事をしていてなかなか休めないママにも安心なコースです。
先生との距離が近いので判らない所などをすぐ質問できるのが嬉しいです。
他にも発音やリスニングを早く理解出来るとも言われていますよ。

そして「プライベートレッスン」は、1対1のレッスンです。
集中して学びたい生徒には、嬉しいコースですね。早く英語を習いたい生徒や逆に焦らずに学ばせたいと考えているママにもお勧めです。
この3つが主に行っているレッスンですが、他にもお任せコースなどもあります。

色々な学び方を体験出来る「EC English Club」
皆さんも1度見学してみたくなりますね。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

カードリーダーで学べる「POP UP English」

幼児英語教材で欲しい物を聞くと、多くの親がDVDやCD・絵本などがありますが、カードリーダーも多くの人が欲しいと思う教材の1つです。

聞きたい時に聞きたい単語をカードリーダーに通せばいいだけなので、単語を練習するときには最適の教材だと思います。
カードリーダーを専門的に販売している英語幼児教材のお店が「POP UP English」です。

「POP UP English」のカードリーダーは、高音質なのは当然、録音を再生する機能ももちろんついています。
子供達と発音を録音して、自分の発音を確認する事が出来るので良い刺激になると思います。
またお子様にも操作しやすいと言われていますよ。カードも豊富なので子供の成長に合わせて自分達で進めるのも嬉しいですね。

カードの種類には、アルファベットを単語と一緒に覚える事の出来る「リッスンアップ」があります。
「ビルドアップカード」は、「猫」などの単語が「可愛い猫」に変わり「可愛い猫が鳴く」のように単語を英文に変えていきます。
「ハッピーチャンツ」は、英語でリズムを体感する事の出来るカードです。
そして幼児英語を学ぶ際に重要な「フォニックス」。
スラスラと英語を覚えたり書けたりするのに必要です。

他にも親子で学ぶ事の出来る「ケンとケイのハッピースキット」や「児童英検」を勉強する事の出来るカードなどがあります。
カードリーダーを専門的に取り扱っている会社にしか出来ない、楽しく遊びながら学べるカードを豊富に販売されています。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

幼児英語のメリット

わからない事に対してストレスではなく興味を持つ事ができるのが幼児期だと言われています。
この時期を利用して学習する幼児の習い事の1つが幼児英語です。

幼児英語は他にどのようなメリットがあるのでしょうか。
私達親が英語を親しむと子供も意欲的に楽しんでくれるし、幼児期だと頭にスムーズに入りやすいと考えられていますね。

幼児のうちに英語を学ぶ事でコミュニケーション能力の発達を作りだすだけではなく、私達が話している日本語(母国語)を表現する能力も発達すると言われていますよ。
今の日本では、母国語をうまく表現出来ない人が増えているそうです。
このままでは、グローバル社会になると言われるこれから外国の人と関わるのが難しくなってしまうと考えられています。
その為にも少しでも自分の意見を言う事ができるように表現力を持つ事は大切ですね。

また幼児期は、英語を自然に聞き分ける力が育つ時期にあるとも言われています。
私も英語の発音に親の1人です。その為子供に語りかけると間違った発音で覚えてしまわないか心配しました。
しかしこの時期には、DVDやCDなどで色々な発音を聞く事で自然に聞き分ける力がつくそうですよ。

このような多くの能力を持っている幼児期。
何もしないで過ごすよりは、幼児期にしかないメリットを利用して幼児英語に活かしてみてはいかがでしょうか。
親も子供と一緒に学び楽しむ事で英語を身近に感じる事で出来ますよ。子供との遊びの一環として学ぶのもいいかもしれませんね。
posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。