日本舞踊

江戸時代初期から400年にも渡る伝統的な日本のダンスに「日本舞踊」があります。
出雲の阿国が創始した歌舞伎踊りが始まりでした。

「舞」とは、歌や音楽に合わせて、すり足などで舞台を回るもの、
「踊り」とは、歌や音楽に合わせて、足を踏み鳴らしリズムに乗った手振り・身振りをするものを言います。

現在では約200以上の流派があり、日本だけではなく世界中でとても高い評価を受けています。

たくさんある流派の中でも「5大流派」と呼ばれているものがあります。
それは花柳流(はなやぎりゅう)・藤間流(ふじまりゅう)・若柳流(わかやぎりゅう)・坂東流(ばんどうりゅう)・西川流(にしかわりゅう)です。

日本舞踊を習っていく中で先生たちは小さな子供でも「自分のことは自分で」という躾もするそうです。
自分の着物は自分でたたみ、練習に使うものは自分で片付けるようにしているそうです。

また「礼で始まり礼で終わる」という日本舞踊で大切なお辞儀の仕方から歩き方なども勉強します。
普段、家ではしないことなどを日本舞踊を学びながら覚えていくのもいいかもしれませんね。

最近では外国人も日本舞踊に興味を持ち、習いたいという人も増えているそうです。
日本舞踊を通して日本の良さが外国の人たちにどんどん浸透していくのはうれしいことですね。
国際化に伴い欧米諸国やアジアにも 「Nihon Buyo」という呼称が定着しつつあります。
普段はあまり、外国の方と接する機会がない子供達も、舞踊を通じて仲良くなることもあるようです。

「和の心」を学ぶことができ、遊び心のある踊りもあるので小さな子供のリズム感を養うこともできますね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。