剣道

空手や柔道とともに人気のある武道に剣道があります。

防具・剣道着・袴を着用し、基本的に裸足ですが、足袋を着用する場合もあります。
試合や稽古をする時の決まりは、防具として垂れ・胴・面・小手の剣道具を着用することです。
そして決められた箇所を竹刀で打ち合います。

剣道はたくさんの防具をつけて激しい打ち合いなどをするため、汗臭そうなイメージを持たれる方も多いと思います。
しかし、実際やってみるととても気持ちのいいもののようです。

大きな声を出し、思いっきり打ち合う。
ストレスの発散にもなりますし、汗をたくさんかくので体にもいいですよ。

内気な性格の子供達が親のすすめで剣道を始めることもあります。
大きな声を出し、体を動かすことで内気だった性格も良いほうへと変わっていくそうです。

私自身、小学生の頃は内気で人見知りも激しく、大きな声を出すのが苦手なほうでした。
そこで父は剣道を習わせたかったようですが、私はやはり一歩踏み出すことができませんでした。
今となってはあの時やっていたら今も少し変わっていたのかなと思いますが。

剣道もやはり他の武道と同じく礼儀作法を徹底しています。
また、状況を瞬時に判断する知力・分析力、反射神経・俊敏性を養うことができます。

剣道を続けていくうちに「絶対に負けたくない」「勝ちたい」という気持ちも出てくると思います。
すると練習にも力が入り、みるみる上達して大会にもたくさん出場できるようになります。

何事もやはり続けることが大事ですね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。