新体操

新体操は体全体を使って自分を美しく表現するスポーツです。
女の子が習うと、美しくとても女性らしい表現力を身につけることが出来ます。
だからといって男の子はダメというのではなく、ちゃんと男子の競技もあり、人気も出てきているようです。

女子の競技では、ボール(球)・スティック(こん棒)・リボン(帯状布)・フープ(輪)・ロープ(縄)の5種類です。

男子の競技はリボン以外のボール(球)・スティック(こん棒)・フープ(輪)・ロープ(縄)の4種です。

今は男子のほうも。

新体操は小さなうちからやることで柔軟な体を作ることができ、立ち振る舞いも美しくなります。

他にも色々と身に付くことがたくさんあります。
柔軟性が高まるのはもちろんのこと、リズム感・反射神経・俊敏性も養えます。
また上品さや礼儀正しさ、 豊かな感受性や体全体を使った表現力も身につけることができます。

太りにくく姿勢も正しくなり、バランスのとれた体になるのも新体操のいいところです。

また、バレエと新体操との違いですが、新体操は腕や上半身も使い、瞬発力やスピードのある演技をします
一方、バレエは上半身の力を抜き、繊細な柔らかさを意識します。
その点で、筋肉の付き方なども違ってくるようです。

私も小さい頃憧れて、母のお手製リボン(棒にリボンをつけただけですが)でテレビを見て、真似をしながら遊んでいた記憶があります。
リボンが長ければ長いほど嬉しかったのを覚えています。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。