フィギュアスケート

フィギュアスケートと聞くとまず思い浮かぶのは皆さん同じことだと思います。
トリノオリンピックで活躍した荒川静香選手や、安藤美姫選手、浅田真央選手などですね。

これらの選手の華麗な滑りを見て、フィギュアに憧れた子供達も多いと思います。
現に、フィギュアを始める子供達が増えていると聞きます。

まずフィギュアという名前ですが、リンク上にフィギュア(図形)を描くように滑ることからその名が付いたそうです。

年齢とレベルによって出場できる競技大会が決められています。
日本スケート連盟が主催する大会では3つの階級があるそうです。
それはシニア・ジュニア・ノービスです。
その中で、シニアクラスの代表的な大会といえば、オリンピックです。

シングルといって1人での演技、男女2人組みで演技をするペア。
どちらもとても優雅で素敵ですよね。

フィギュアをする中で体を動かす楽しさのほかにも学べることはたくさんあります。
創作活動を通じ、豊かな心・感受性を育むことや目標を作り練習に励むことで達成感を得ることができます。

柔軟性・反射神経・俊敏性・バランス力・持久力を養えます。
何よりも曲に合わせて体全体を使い、喜怒哀楽を表現するため、表現力も身に付きます。

女の子達はあの煌びやかな衣装やメイクにも魅力を感じるのではないでしょうか。
あのような綺麗な衣装をきてリンク上を風を切って滑れたらとてもいい気分になれるような気がしますよね。

今、一生懸命に練習に励んでいる子供達の中からいずれ、オリンピックの大舞台で活躍する選手が現れることを期待しています。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。