サッカー

紀元前に中国で行われていた「蹴球」という球技をご存知でしょうか。
また中世ヨーロッパで遊びとして行われていたフットボールが起源だと言われています。

これは競技人口・知名度はともに世界最高のスポーツでワールドカップでは世界中が白熱するサッカーのことです。

ラグビー・サッカー・フットボールはもともと仲間とみられ、的確なルールなどはなかったそうです。

国際サッカー連盟(FIFA)が現在のサッカーのルールを統一しています。
また、200以上の国が国際サッカー連盟(FIFA)に参加しているそうです。

サッカーをする中で学べることは色々あります。
闘争心・精神力・忍耐力・持続力・集中力を養うことができます。
また、瞬時に判断できる分析力と知力も高めることができ、集団で行う連帯感や協調性も育むことができます。

なによりもボールひとつあれば楽しめる手軽さがいいですね。
親子で練習することで親子間でのコミュニケーションもとれます。
友達とちょっとした時に遊びながら練習できます。

遊びながらもどんどん上達していくので楽しく続けることができます。
そのような手軽さや、楽しく続けられるところが子供に人気のある理由であり、サッカーの魅力と言えるかもしれません。

今では男子だけでなく女子のチームも作られています。
女子とはいえ、男子チームにも負けないほどの強豪チームもいるようです。
また、大人になってもストレス解消や趣味としてチームを作ったりして続けている人もいます。

たまの休日には家族みんなでサッカーをして遊ぶのもいいかもしれませんね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。