学習塾

今、ほとんどの子供達が学習塾へ通うようになりました。

塾と一口に言っても学力の補強をする塾と、進学・受験などの特別な勉強をする塾に分けられます。
進学塾というのは受験対策のために指導内容が特別強化されている塾です。
小学校4年生くらいから通い始める子供達が増え、6年生では4割、中学生は半分の子供が塾に通っているそうですよ。

しかし、塾に通うためには経済的に余裕がなければ通えません。
そのため、通っている子・通っていない子の学力差が大きくなり社会的な問題となりつつあるようです。

塾へ通うことで学力が上がるだけでなく、勉強をする習慣がつき、集中力も上がります。
得意な分野が見つかったり、苦手だった科目も好きになったりもしますよね。
また自分なりの学習方法や新たな進路が思いつくかもしれません。

誰もが抱く苦手な教科への不安、進路への不安。
そういうものが、学力の向上と共に自信へと繋がります。
その自信がさらなる学力UPへの力となり、「もっと楽しく勉強したい」「もっと成績をあげたい」という前向きな気持ちにも変わっていきます。

塾では学力別にクラスが分けられています。
集団・少人数・個別にわけて授業を行うこともできるので「みんなに遅れを取る」「ついていけない」という心配はありません。

私は塾へ通ったことがありません。
周りの友達が通うようになって「私も行ったほうがいいのかな」と考えたこともありましたが、子供ながらに経済的なことを考えていました。

今思うと通っていたらその後、もっと勉強が好きになり、楽しく学べたかなとも思います。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。