相撲

相撲は日本の国技です。
国際的にも人気があるため、外国人力士も増えていますよね。

組み合う格闘競技を総称として日本では相撲と呼んでいます。
腕相撲・指相撲など子供の遊びとして相撲という言葉が多く使われていますよね。

相撲は日本神話がもとでとても古いと聞きます。
「神が同士の腕を掴んで投げようとした」
そのような描写があったといわれています。
これは、まさに現在の相撲ですね。

その流れで神道の影響が強いようです。
それから神事として相撲が行われるということです。

今でも神道の習わしで大相撲の力士の土俵入りの際には拍手をうちますね。
そして、横綱が注連縄を巻きます。
また神事として土俵祭が本場所前に行われます。

相撲を通じて学ぶことは様々です。
反射神経・俊敏性・持久力・バランス力を養うことができます。
柔軟性がつき基礎的な運動能力が身に付くため様々なスポーツに対応できます。

また規則正しい生活をし、集中力の向上や礼儀作法、美しい立ち振る舞いが自然とできるようになります。

相撲は太っているから強いというわけではありません。
細い子でも強い心を持って厳しい稽古を積み、しっかりと力をつけていけば自分よりも大きな相手でも負かすことは可能なんです。

今は女の子でも相撲教室通っていると聞きます。
一見、弱そうな女の子でも稽古を積んでいれば、体格のいい男の子にだって勝てるかもしれません。

今、相撲界では外国人力士が人気となっていますが、もとは日本の国技です。
子供達も稽古を積み、強い日本力士として将来活躍してもらえたらと思います。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。