子供の習い事

最近の子供達のほとんどが何かしらの習い事をしています。

親にすすめられて始めた子、友達に誘われて一緒に始めた子、好きなことだから自らすすんで始めた子、苦手を克服したいから始めた子など、みんな習い事をするには様々な理由があると思います。

「早期教育」という言葉聞いたことはありますか。
0歳から3歳までの子供の脳の発達を促すため、様々な習い事をさせることをいいます。

今まで「赤ちゃんは理解できない」と考えられることがほとんどでした。
しかし、赤ちゃんには生まれてすぐ、またはお母さんのお腹の中にいる時から様々な能力を持っています。
赤ちゃんは生まれてすぐに脳の発達が始まることも明らかになりました。

このようなことからスイミングやリトミックなど0歳からできる習い事も増えています。

しかし、ある程度大きくなると「やりたくない」「こっちのほうをやりたい」などという気持ちも出てくると思います。

そうなったら子供の好きなようにさせてあげるほうがいいそうです。
無理に嫌がるものをやらせても続かなくなり、逆に伸びるはずの才能をダメにしてしまうそうです。

さすがに経済的理由から通いたい習い事に通えないことはあると思いますが、それ以外のことは好きなようにさせてあげましょう。

いずれは「うちの子にこんな才能があったんだ」と驚くような意外な才能が開花するかもしれません。

「うちの子はどんな才能を秘めているんだろう」こう考えると、なんだか今から楽しみな気がしますね。
ただし、期待を大きく持ちすぎて子どものストレスとならないように注意しましょう。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。