サピックスの学習法

サピックスは、さまざまな有名難関中学の合格者が、とても多いことで有名な進学塾です。
サピックスの中学受験のための指導法は、復習中心の学習法を重視しています。

サピックスの授業では、予習をしてくる必要はなく、その日に使う教材は当日の授業のはじめに配られます。
これは、入試がどんな内容か当日までわからないことと同じで、生徒たちにとってテキストの内容も、その日に初めて出会うものだからです。だから子供たちはわくわくし、知的好奇心が沸いてきて、授業に集中できるのです。

そして、「復習教材」を渡して、その日に学習したことを家庭で復習できるようにします。
この教材には、授業で学習した内容が自然に身につくように工夫されています。

「復習教材」の問題はやさしいものから難しいものや、発展問題や類似した問題など、さまざまな課題が盛り込まれています。
授業で学習したことを、自分の力だけで理解し解くことができるかを、家庭で確かめてみることはとても大切です。
サピックスは、家庭での自学自習が重要だと考えています。

そして、次の授業で「小テスト」を行い、家庭で復習したことが理解できているかを確認します。
まだ完璧に理解できてないところは、もう一度じっくり解説していきます。

教科によっては、3〜5週間かけて1つの単元を、何度も繰り返して学習していくことになります。
また、同じ分野では学年が上がっても少し難しくなった形で、また繰り返して学習できるようになっています。

特に、受験で扱われる分野は丁寧に繰り返され、基本から応用をしっかり復習し、入試で必要とされる実戦力まで身につくようになるのです。


posted by | TrackBack(0) | 学習塾

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。