個別指導と集団授業の長所・短所

学習塾を選ぶのに、まず考えるべきことは個別指導にするか集団一斉授業にするかです。

一般的には、個別指導の受講料の方が高くなる場合が多いです。
なぜなら、生徒の人数に合わせて講師を集める必要があり、人件費が受講料に影響してくるからです。

個別指導だと講師と生徒が一対一で行うので、生徒は授業中にさぼるようなことはできません。
また、講師がすぐそばにいるので、生徒は質問がしやすい環境にあります。
さらに講師は生徒の学力などをしっかり把握しているので、生徒の実力に合わせた指導ができます。

しかし、学力が高くて優秀な生徒にとっては、個別指導は合わないかもしれません。
なぜなら、他の生徒と張り合うことがなく、自分のもっている実力を他の生徒に自慢できないからです。
このような生徒は、集団の中で切磋琢磨しながら授業をする方が向いており、より意欲をもって学習を進めると思います。

また、その集団がレベルの高い集団ならば、そこでできた友人もレベルが高いということです。
だから、その友人と競い合い共に過ごすことで、成績も自然と伸びるようになるでしょう。
また、そのような友人と仲良くなることで、将来的にもプラスになるでしょう。

このように、個別指導と集団授業の長所・短所はそれぞれありますから、その子の学力や性格などをよく考え、子供にとって最適な塾を選択してあげてください。

子供に合わない塾に無理やり通わせるのはまったく意味がありません。
子供とよく相談し、納得のいく塾を選ぶことが大切です。


posted by | TrackBack(0) | 学習塾

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。