英進館の教師力強化システム

英進館の教師は、東京大学、早稲田大学、京都大学などの、一流大学の出身者をはじめ、レベルの高い教師で構成されています。

英進館では、「教師力強化システム」を実施していて、教師たちは、毎回生徒の成績を詳しく確かに分析し、教場別と科目別の成績検討会を厳しく行なっています。
そして、問題点を具体的にしっかりと理解し、すぐに弱点を補強していきます。

英進館では必ず年に2回、全教師が受験する「科目テスト」を行なっています。
テストの結果は、各科目の1位から最下位までの全てを、英進館の社内ネットワーク上で公開されます。
そのため、教師たちは1位を取ることを目標に必死に勉強するので、各科目の専門的な知識の向上と、授業力や指導力の向上につながるのです。

また、子供たちと同じように、教師にも子供たちが成績をつけます。
生徒は、教師の授業がわかりやすいか、親身になって指導してくれるかなど点数をつけます。
アンケートの結果は、「科目テスト」と同じように公開されるので、これによっても刺激され、教師の技術を高めることになるのです。

さらに、管理テストを行なうたびに、担当しているのクラスの平均点が出されます。
それにより、全部の教場、クラス、科目それぞれの成績が出ます。
全教場の分の成績が順番に発表されるので、各担当者の指導力が明らかになります。
教師は、担任しているクラスの成績推移をしっかり管理していないといけないのです。

このように、栄進館の教師は生徒の学習意欲を向上させるために、生徒と同様に必死に指導力を日々学んでいます。

もし、子供さんをどこの学習塾に入塾させるか迷っている方は、そんな情熱的な教師が揃った栄進館に問い合わせてみてください。


posted by | TrackBack(0) | 学習塾

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。