第一ゼミナールの「ロボット科学教育」

近年では、若い人の科学技術に対する興味が、年齢が上がるほど薄くなっています。
また、数学や理科などの学力も低下しているようです。

こうした中で、第一ゼミナールでは「ロボット科学教育」という、科学を学ぶためのコースがあります。

これは、ただ詰め込むだけの学習ではなく、ロボットを製作することで、初歩の段階から理数系のハイレベルな知識を習得できるカリキュラムです。
ものを作ることを体験し、子供たちに好奇心や探究心をもたせ、楽しみながら知識を高めることができるのです
さらに、表現力や論理的な思考力も育みます。

カリキュラムは、5段階のレベルに分かれていて、小学生から大人までを対象としています。
小学校3・4年生のレベル1と5・6年生のレベル2では、ロボット教材を使って、情報技術や科学を学習しながら、論理的な思考や伝達の方法、そしてアイデア力を育成します。

中学校1〜3年生のレベル3と高校生以上のレベル4では、自律型のサッカー競技ロボットを製作します。
また、自己設計をしてロボットの改造も行ないます。
本格的なプログラミングを学び、ロボカップジュニアリーグへの出場も目指します。

そして、大学生や大学院生、さらに技術者などを対象にした「TOP END」では、2足歩行をするロボットである「PINO」を使ったヒューマノイド型自律ロボットの製作技術を習得します。
そして、さらに高度な技術を習得し、研究者やロボットの開発者を目指します。


posted by | TrackBack(0) | 学習塾

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。