マザーグースの幼児教育英語

マザーグースは、ほとんどの幼児英語に欠かせない物だと言われています。
皆さんはマザーグースをご存知でしょうか。
きっと育児など子供に触れ合っている人は耳にしている人も多いことでしょう。

マザーグースは、英語を言語としている人々の中で伝わるわらべ歌や童謡の事を言います。
例えばアルファベットの歌や、ロンドン橋、メリーさんの羊など日本でも音楽の授業などで使われている歌も沢山あります。
マザーグースは幼児英語を学ばせる時には、欠かせない教材の1つとも言えるでしょう。

私のように幼児の英語教材を探した際に、マザーグースに出会った人も多いと思います。
マザーグースは幼児英語教材で使用されているだけでなく、先程も書いたように音楽の教科書にも取り入られています。
他にもマザーグースを収録したCDやマザーグースの歌の詩をテーマに作られたお話セットやピアノの楽譜などあります。

皆さんが今までに習った日本の童謡をふと思い出す事はありませんか。
マザーグースもアメリカなどで古くから童謡として使われている曲ばかりなので、お子様が大きくなっても覚えている事が多いです。
殆どの教材が子供を覚え易いようにアニメを付けてDVDや絵本などで絵を付けて紹介しているのも嬉しいですね。

一度マザーグースのDVDなどを子供と楽しんでみてはいかがでしょうか。
童謡集を始めマザーグースのCDは幾つかありますので、きちんと見て購入してくださいね。
ちなみにお勧めだと80曲程入っているCDは飽きずに聞くことが出来ますよ。


posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。