リトミックで幼児英語

今話題の音楽教育と言われるリトミック。もちろん幼児英語でも使われていると言われています。
ではリトミックとは何でしょう。

リトミックを編み出したのは、エミール・ジャック・ダルクローズさんだといわれています。
子供が進んで学べるような感覚を身体で表し身に付けていく情操教育、芸術教育を取り入れています。
それは、音を感じたり、触れたり、音楽を作る楽しさなどを身体全体で表します。
経験から自ら音を出したり奏でたりしながら音感を育んでくれるそうです。現在は幼児教育だけでなく、障害児教育などにも使われているそうですよ。

幼児英語では、英語の曲にあわせて身体を動かしたり、歌ったりする事はもちろんですが、手を叩いてリズム感を出したりもします。
そうする事によって、子供が楽しみながら英語の歌などを理解する事も出来ると言われています。
確かに好きな歌をノリノリで歌ったり踊ったりすると、自然に覚え口ずさんでしまう事もあります。

リトミックは音楽教育の音感などだけでなく、歌詞を覚えてしまうと言語の発達や数や感覚を掴むことの出来る生活教育にもなります。
先程リトミックの説明でも書いたように心の教育・人間教育・自立心などを育む事の出来る情操教育などの大きなメリットがあります。

大人でも1人で踊ったり歌ったりするのは寂しいですが、一緒に歌を歌ったり踊ったりすると楽しいですね。
家庭などで幼児英語や幼児教育などを行う時には、ママも一緒に歌を口ずさみながら歌ったり踊ったりしてくださいね。
子供の幼児英語の発達を感じるだけでなく、子供と2人や家族で楽しむことで大きくなっても子供の思い出にも残ると思います。


posted by | TrackBack(0) | 幼児英語

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。